神立手帖

茨城県土浦市、神立駅周辺の情報サイト!
2016.05.22

土浦警察署からのお知らせ

農作業に伴うケガ・交通事故に注意

5月に入り新緑が美しい季節になりました。田植えや農作業をする姿が多く見られます。それと同時に、この時期は水田の見回りやトラクターの移動など農作業に伴う交通事故が多発する時期でもあります。農作業への行き帰りや、田畑の見回りなど慣れた場所でも安全を確認し交通事故に注意しましょう。

◇農作業に伴う交通事故発生状況

○トラクター等、農耕作業用車両を運転中⇒畑への転落、後続車に追突される

○農作業への行き帰り⇒見通しの悪い交差点での出会い頭に衝突

○夜間、自転車や歩いて田畑の見回り中⇒道路横断中、はねられる

 

◇農耕車を運転するときは・・・

乗り出す前に安全な場所で運転の練習をし、農耕車の特性を身に付けることが大切です。

そして、夜間や日没前後の時間帯は、特に危険です。暗くなっても他の車から見えるように反射材やライトの汚れに注意しましょう。

また、後部にロータリー等を取り付けた場合は、テールランプや反射材が後方から見えるか確認しましょう。

 

◇ドライバーの方は・・・

夜間の時間帯、交通量の少ない田園地帯を走行するときは、こまめなライトの上下切り替えで農耕車や農作業中の歩行者等の早期発見に努め、事故を未然に防止しましょう。

 

◇歩行者・自転車の方は・・・

田畑の見回りなど慣れた場所でも道路を横断するときは、一時停止をして、左右の安全を確認しましょう。

また、道路上で作業する場合には常に周囲の状況を確認し、夜間は反射材などを着用して自分の姿を目立たせる工夫を心がけましょう。